スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンパー加工

バンパーの加工方法について、問い合わせがあったので
少し私なりの加工方法について少し書きたいと思います。

まず用意するものですが、
安物でも良いので大型のカッター(歯の切れ味い注意)
ペーパー#60#400の2種類で加工します。


手元に、新しいバンパーとnewボディーが無いので
言葉で書きますが、
1 まず新しいバンパーに何処でカットするかの目安となるように
ボディーをかぶせます。
この時に、何ミリ程度切断するかの目安の寸法を計測しておきます。

バンパーに、油性のマジックで先ほど計測した寸法を
5センチ間隔程度で罫書きを入れます。
その罫書き寸法をマジックで写真のような方法で、
5センチ間隔で入れた罫書きをトレースするように
カットラインを引きます。


次にカッターで切断していくのですが、NT1の純正バンパーは
比較的柔らかい素材なので、よく切れる歯を用意してください。
切れ味悪いと、スポンジが引っ張られ綺麗にカットできない
可能性があります。
OPの硬い方ならまだ加工もしやすいのですが。

カットラインの外側で切断するのですが、小さく切ってしまうと
後々の加工が面倒なので、少し大きめに切る事がコツです
大きすぎるのも後々、加工時間が掛かるので、
何度も練習しかないと思います。

カッターで切断後は、ガタガタで見栄えも悪いので、
#60のペーパーで荒削りしながら徐々に自分の思う形に
根気良く整形していってください。
私はこの荒削りに約1時間テレビ見ながら削ります。

リューターで削る方法もあるのですが、失敗しやすい、部屋が汚れるので
私は行いません。

荒削り整形中に、ボディーとのフィッティングの確認もしながら行わないと
完成後また削らないといけないこともありますので、
少しづつ削っては合わすの作業を繰り返すことお勧めします。

あらかたの形になってきたら、仕上げの削りを#400程度のペーバーで
指の腹を上手く使って、Rに加工していってください。

私ももっと綺麗に仕上げたいのですが、必ず途中でめんどくさくなります。
根気のあるかたは、もっと綺麗に仕上げてみんなに自慢しましょう。

ただし、1くらっしゅでボロボロです(笑)

っと私なりの加工方法書きましたが、もっと簡単に綺麗に加工される方も
あると思います。
創意工夫しながらも皆さんも綺麗な加工目指してください。

こんなので参考になりましたでしょうか
参考になれば幸いです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Unknown

rossiモハモハさん、こんばんは
参考になりましたでしょうか
自己流なんで、まだまだ改善の余地はありますので
ご自身でもバンパー加工方法いろいろ試してみてください。
いい方法あれば、教えてくださいね。

確かに純正プラダンパーの耐久性には
驚きました。
やはり、プラダンパーと言うことで、精度が
均一ではないと思うので、あたりハズレが多いのも事実だと思います。
アルミ削りだしから見た精度ですが。
各方面で、アルミが良いとの評判や
いやいや樹脂ダンパーが良いと評価されている方も
多く、やはり自分自身で確かめるのが一番かなって
思っております。

以前RRR、MTX4など使用していた時には
ナックFCD使用していまして、結構いいフィーリングで
使用していました。
良いダンパーだと思います。

クラッチに関しては、今回が初なので
こっちについては逆に教えていただかなくては
ならないことも多いと思いますので、ご指南よろしくお願いします。

ありがとうございます

大変参考になりました。
バンパーの削り方も判らん私が言うのもなんですが、
ナックのクラッチ、ダンパーはお勧めです。
NT1純正のダンパーは耐久性が無いのとオイル漏れが私は酷かったです。穴数を調整できるのは良いのですが。。。
プロフィール

ぴかぴか

Author:ぴかぴか

FC2カウンター
最新記事
リンク
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。